« 「週刊フジテレビ批評」で音氏と対談 | トップページ | 基金賞審査終わりブログ再開へ »

2007年4月22日 (日)

社会的文化装置としての放送

417日(火)、14時過ぎ、赤坂のATP事務所で工藤知事長、稲垣事務局長と懇談。ATPの現在の主要問題店について聞き、資料をいただく。雨が降ってきたのでタクシーで帰宅。

418日(水)、14時テレビマンユニオンで、BPOの五味氏、明峯氏らと会う。BPOの新委員会について。終了後、ユニオンのデスクにいた今野勉としばし雑談。16時朝日新聞岩本記者と表参道でコーヒー。BPOの話も聞かれたが、いまきいた話を喋るわけにもいかず、「非常時の対応よりも、普段の活動が大切」などと話す。「放送」を支えるのは、もはや放送事業者だけの時代ではない。製作事業者も流通事業者も、あるいはこれまで受け手としか位置づけられてこなかった「視聴者」(なんという曖昧かつ馬鹿にしたことばであろうか)がさまざまなかたちで多様な方法で参加し支えるように変わってきた。「あるある」問題は科学者も放送に参加し支えるひとりであること、そのねじれた現実を顕にしたケースであり、生命保険業界も似た問題であろう。など「時代の予兆」について話す。

 青山ブックセンターで本を買い帰宅して読み始める。メルロ・ポンティ「見えるものと見えないもの」、J.D.ボルダーほか「メディアは透明になるべきか」、東大駒場講義録「知の遠近法」、高橋世織編「映画と写真は都市をどう描いたか」の4冊。

419日(木)、1540分、テレビマンユニオンで、「選択」の恵志編集長の取材を受ける。巻頭インタビューとのこと。テーマは「報道機関としてのテレビの現状について」だが、私自身はテレビは「報道機関」ではない、報道の機能も含めた社会的な文化装置と思っている。ということから出発、長い時間喋ったが、どうまとまるやら。終了後、近所の日本そば屋で遅い昼食。

421日(土)、昨日、今日と読書で過ごす。夕方、息子の高志がきて近所の焼肉屋で久々の夕食。弁護士になって3年目、早いものだ。近況を語り合う。

|

« 「週刊フジテレビ批評」で音氏と対談 | トップページ | 基金賞審査終わりブログ再開へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「週刊フジテレビ批評」で音氏と対談 | トップページ | 基金賞審査終わりブログ再開へ »