« 希薄な当事者意識 | トップページ | 一時お休みのお知らせ »

2007年2月23日 (金)

「蟻の兵隊」を見た

2月22日、夕方、下高井戸シネマでドキュメンタリー映画「蟻の兵隊」を見た。実は映画どころではなく、資料読みでたいへんだったのだが、あまりにもひどい話ばかりで嫌になり、気分晴らしにいい映画を観たいと思って出かけた。

映画はすばらしかった。ずしんと胸に響く。原一男の伝説的な名作「行き行きて神軍」を超えたのではないか。

戦後、中国の山西省で、軍の命令で残留し中共軍と戦った2400人の日本兵士の物語である。明らかにポツダム宣言に違反したこの行為は、日本と中国の将軍同士で密約されていた。裁判所、日本国は、彼らはあくまで自由意志で残留したとして命令の存在を認めない。生き残りの主人公は、証拠を求めて中国へ旅する。そこは、かつて初年兵教育で人を殺した現場への60余年ぶりの旅でもあった。

もはや老人となっている彼が、被害者と話すなかで突然激高する場面があった。後で彼は、それが自分の中に残っていた「兵士の思想」を見てしまったことに気がつく。カメラが抜群にいい。撮影の福井さんは、たしか私がTBSでドキュメンタリーを作っていた頃、撮影助手をしていた。あれから40年、素晴らしく成長した彼のカメラワークに感心。制作した連の池谷監督はかつて中国を専門とする制作会社テムジンのリーダーであった。当時評判になったNHKの秀作群はほとんど彼らの力量が生み出したものであった。

テレビマンがジャンルを越えて活躍することに大きな力をもらったような気がして、すがすがしい一日だった。

夜、96年のTBSオウム・テープ事件の時の外部委員による調査報告書を10年ぶりに読む。積むと5センチを優に超える分厚いものである。こうしてみると、人々の意識はさほど変わっていないことに気ずく。

|

« 希薄な当事者意識 | トップページ | 一時お休みのお知らせ »

コメント

教育や学校の問題も戦後のこの国の人間の扱い方も、同じようなことが繰り返し現れています。イジメの問題だって、「葬式ごっこ・生きジゴク」から一体何年でしょうか。イジメを隠蔽する学校の体質もここ何十年と変わっていません。問題点は出尽くしているというのにその解決に努力してこなかった「空白の時間」…。この国に生きることを考えさせられます。
「蟻の兵隊」昨年、家族でイメージシアターに観に行きました。深い人間と戦争、そして、この国そのものを描いていました。主権者であるわたしたちが問われなければならないと考えさせられました。
村木さん、大変なお仕事が押し寄せているようですが、お体を大切に。

投稿: こん | 2007年2月23日 (金) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 希薄な当事者意識 | トップページ | 一時お休みのお知らせ »