« 「燈[ | トップページ | 久々の更新 »

2007年1月24日 (水)

「燈燈無尽ヒロシマを伝えたい」

1月23日、昨年の民放連連盟賞ラジオ部門で優秀賞をとった2作品のCDを借りて聴いた。日経ラジオの「イ・ヒア ショパンの調べ」と、中国放送の「燈燈無尽 ヒロシマを伝えたい」である。「イ・ヒア…」は放送文化大賞のラジオ部門グランプリ作品にも選ばれている。二本指の韓国人ピアニストが母親と共に障害を克服する物語。在日3世の女性と中国からの女子留学生のメールのやりとりを軸にして、ピアニストのショパンの響く。面白い構成と音の良さが心に残るが、ややわかりにくさが残った。

 「燈燈無尽」とはローソクが燃え尽きる前に別のローソクへ火を移して無限に続けるという意味。母の胎内で被爆した原爆小頭症の患者と家族。ひっそり暮らす人たちを女優の舞台「父と暮らせば」の斉藤とも子さんが訪ねる。その交流を描いて感動的。録音の生々しい臨場感に引きつけられた。すぐれた作品だと思うが、日本人の<原爆観>をえぐる鋭さはいまひとつ。

1月24日、11時、テレビマンユニオンへ。実は今年も新人募集プロジェクトに昨年に続いて参加している。既に2回ほど会議はあったのだが、スケジュールがあわず、今日が初参加。募集要領のキャッチコピーなどを決めて13時過ぎ散会。浦谷副社長の部屋に寄り、「あるある…」問題について若干の意見交換、夕方、帰宅してレポートと試験答案の山に取り組んで採点。夜、流石に飽きて、「報道ステーション」「NEWS23」を見て、山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局がまとめた作家インタビュー「ドキュメンタリー映画は語る」を読む。

 

|

« 「燈[ | トップページ | 久々の更新 »

コメント

「あるある」の問題。わたしは随分前から「みのもんた教」と言っていたのですが、情報バラエティの健康情報を毎日ノートに取っているという体育の教員がいたのです。何々が体にイイと聞くと、ダッとその商品が売れてしまう、そのファシズム的風景にゾッとしていたのです。この、思考停止の国では、なんでも簡単に注入されコントロールされることの証明です。このオソロシサ…。厳しい時代です。

投稿: こん | 2007年1月25日 (木) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「燈[ | トップページ | 久々の更新 »