« メアリー・パレヴスキー女史 | トップページ | 「燈[ »

2007年1月21日 (日)

メアリー・パレヴスキー女史来日

1月17日、「メディア環境論」の試験立会い。帰宅後、自宅の近所で散髪、スーパーで食料の買出し。「TIME」、「東京人」などの購読雑誌と送っていただいた「熱風」(スタジオジプリ)、「グラフィケーション」(富士ゼロックス)、「TIMESPECE」(KDDI)などをぱらぱらと読む。

1月18日、日大芸術学部で「テレビ演出論」の今期最終回。レポート提出の締め切り日、課題は「わたしの演出論」。受講70名ほどのレポートを受け取って帰る。

1月20日、5年半ほど前にNHKで演出したドキュメンタリー「トリニティの記憶」の出演者・メアリー・パレヴスキー女史が来日、オーラル・ヒストリー学会のセミナーに招待されたとのこと。品川のセミナー会場へ行き久闊を叙する。旦那のジョセフも同行。夫妻とセミナーの司会も勤めた吉田かよ子教授や境真理子さんと一緒に夕食。アメリカロケの思い出話は尽きないが、楽しい会食であった。ネバダ実験場周辺のヒアリング・プロジェクトを継続しているらしい。明日から広島、長崎へまわるとのこと。夫妻をホテルへ送ってから吉田、境氏とアンナ・ミラーズでコーヒータイム。セミナーは大成功だったらしい。

1月21日、朝日新聞一面トップで「あるある大辞典」の納豆ダイエット捏造が報じられる。フジテレビ系の看板番組。関西テレビ制作、制作会社は日本テレワーク、さらに孫受けされていたらしい。

 一日中、学生のレポートと向き合い採点で明け暮れる。21時、グーグルを取材したNHKスペシャルを見る。

|

« メアリー・パレヴスキー女史 | トップページ | 「燈[ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メアリー・パレヴスキー女史 | トップページ | 「燈[ »