« 1212の会 | トップページ | 謹賀新年 »

2006年12月24日 (日)

12月18~24日

12月18日、東京国際大学で2コマの授業をすませ、J・ラスキン「ウオルター・リップマン、正義と報道の自由のために」(鈴木忠雄訳)を読む。リップマンは1922年「世論」を世に問うた。いまでも示唆多き本である。「トゥデイ&トゥモロウ」というタイトルのコラムを長い間連載し、アメリカの世論を動かしたジャーナリスト。私の事務所の社名と同じだが、偶然の一致で、特に意識したわけではない。私がリップマンをちゃんと読んだのはもっと後のことである。

 ところで昨日の「スタメン」(フジテレビ)に石原知事が出演。旅費問題、四男起用問題に苦しい弁解。都民の血税を湯水のように使って恥じない感覚は末期的だ。四男起用も「余人がいない」ことはない。あの程度のアーチストはうんかのごとくいるし、ボランティアも辞さないだろう。知事の頭の中に息子しかいなかっただけのことである。文学者が「李下に冠を正さず」を知らない筈はあるまい

自己過信に溺れた権力者の末路を見た感じ。「オリンピックに反対する者はたたき出す」という発言も問題である。反論を試みたとはいえ、キャスターたちも断固追及する気概が見えず情けなかった。特に、大田光がいつもと違っておとなしい姿勢を見せたのはやや意外。出演者への気づかいか。

12月19日、「総合講座」で毎日放送の澤田隆三演出のドキュメンタリー「ふつうのように」を上映、日本の社会が障害者に向き合う姿勢の変化を象徴するような二人の重度障害者の「ふつうの」生活の日常を描く。ノーマルぜーションという言葉がようやく耳にされだした頃の「地方の時代」入賞作品。終了後、ひとりの地元住民の方から「仲間のみんなに見せたい」と相談された。横浜の放送ライブラリーを教えたが、部屋に戻ってリストを調べたら保存されていた。よかった。

 

12月20日、大学と大学院は休講にしてもらい休み、メディア論研究会に出席。公共放送のあり方について議論する。

12月21日、日大で「テレビ演出論」の講義。夜は実相寺夫人との飲み会に出席する予定だったが、またまたすっかり忘れたまま京王線の電車に乗り、下高井戸で映画館に入ってしまった。テオ・アンゲロブロイスの「記憶のなかの風景」。

「叙情」という字がスクリーンに常にぶら下がっているような感じ、撮影のカメラワークは美しい。しかし、姉弟が父を求めて旅立つ。「旅芸人」の一座がそのまま登場するなど興味深かったが、特に国境を越えるシーンなどリアリティがなく、不満も残った。

12月22日、15時から仙台の仲間たちの忘年会。昨日に懲り、用心して早めに会場へ向かう。渋谷マークシティのライオン。幹事の大川くんの弟さんが逝去され、告別式と重なつたため欠席、高橋亮吉、葛西鉱二、武田晃幸、それに私の4人でささやかに。昼間からのビールでなんとなく気勢が上がらないうちに時間が来て解散。バスで帰る。

12月23日、渋谷のシネマライズでドキュメンタリー映画「ダーウィンの悪夢」を見る。

 昨年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞受賞作品。山形ではスケジュールの都合で見れなかったので楽しみにしていた公開だ。タンザニアの湖に放流され異常に繁殖したナイルビーチ。捕獲、加工、輸出、運搬などで町は活性化、恩恵に預る人と外れる人、明暗のもたらすすさまじい世界。まさに地獄である。切り身の主要な輸出先はECと日本だ。白身魚として私たちの食卓にも登場している。グローバル化に翻弄されたアフリカの現状をいやというほど見せつけられる。

初日なのに入りがいまひとつなのは予想外だった。シネマライズは全席指定席なので、切符を買ってからゆっくり夕食がとれるのは結構だが、座席はやや狭く窮屈だ。東武ホテルの中華店でチャーハンを食べる。

夜中の1時30分から、WOWOWでアニエス・ヴァルダの監督作品「落穂拾い」を見る。彼女が亡くなった後、パリのカルチェラタンの彼女いきつけの店に行ったこと、壁に小さな写真が一枚貼ってあったこと、その写真を見ながらパスタを食べたことを思い出す。

12月24日、テレビで有馬記念の中継を見る。ディープインパクトのラストラン。予想どうりの圧勝。伝説の名馬の走りに11万人が押し寄せ、大歓声。配当は120円だった。

夕方、CSのシネフィルイマジカで、「新世紀ブラジル」をやっていた。テリー・ギリアムの演出力に改めて感心しているうちに結局最後まで見てしまった。

|

« 1212の会 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

「未来世紀ブラジル」現代社会を考えるため、生徒に見せました。都合3回続けてみたのですが、高校生にはこの映画のリアリズムはなかなか理解できなかったようです。
もう何回も観ているのですが、今まで見過ごしていたエレベーターが故障する場面、思わずシンドラー社エレベーターを思い出しました。
当たり前が当たり前でなくなるとき、一つの間違えの連鎖が行き着く先…、その想像力を持たねばと考えさせられます。

投稿: こん | 2006年12月25日 (月) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1212の会 | トップページ | 謹賀新年 »