« 10月13日 | トップページ | 10月14日 休日 »

2006年10月13日 (金)

10月13日・萩の会に出席

1013日、懐かしさ一杯の集まりに出席した。「萩の会」という仙台市立愛宕中学の在京卒業生有志の会である。1~3期生有志で2年に1度くらい開かれていて、今回は4回目、46期生を含めて賑やかだった。八重洲地下街で時間をつぶしすぎ、着くのが遅れた。乾杯の挨拶が予定されていたらしく、顰蹙をかう。大川君が代役をしてくれたらしい。申し訳なし。

 愛宕中学は、戦後の学制改革で第十中学として誕生、六三制の荒町小、向山小の受け皿だった。私は2期生。入学したとき、新設校のため校舎はまだなかった。教室は小学校を借りたが、机も椅子もない。私たちは家からミカン箱を持っていって机代わりとした。教科書もクラスに数冊という状況だった。

机と椅子が到着したのは6月頃だった。新しい木の香りが嬉しかった。3年生になる頃やっと篤志家の土地の寄付があって新校舎ができた。山の上だった。毎日、泥濘の坂道を歩いた。つらい毎朝だったが、それが風を滅多にひかない体を作るのに役立ったように思う。

 気のおけない中学時代の友人たちとは時々会って酒を呑むが、こんな楽しい酒はない。

みんな古希を迎えている。あっと言う間の人生だったような気もする。会の終了後、同期の友人たち8人ほどで近くの居酒屋で呑みなおす。相変わらず酒癖の悪いのもいてやや閉口したが、まあこんなものだろう。同方向の武田夫妻と一緒に地下鉄で帰る。

|

« 10月13日 | トップページ | 10月14日 休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月13日 | トップページ | 10月14日 休日 »