« ブダペスト日記(2) | トップページ | 「地方の時代」映像祭(2) »

2006年9月30日 (土)

「地方の時代」映像祭(1)

 下高井戸シネマで、中村高寛監督の「ヨコハマメリー」を見た。戦後、横浜伊勢崎町に

立っていたメリーと呼ばれていた白塗りの街娼のドキュメンタリーである。さまざまな証言者が語るが、ホモのシャンソン歌手ガンジローの語りと歌、それにメリーがいる風景をとらえた森英夫の写真が心を打つ。ラストシーンは衝撃的である。

 秋学期、後半戦の第一週が終わった。久し振りに大学へ行った。合間に、テレビマンユニオンニュースに書いた原稿の校正、ブダペストへ行く直前に書いたもの、約25枚。

来週の土曜日、7日から「地方の時代」映像祭が始まる。今年は26回目、四半世紀かかわってきたことになる。最初の10年は審査委員として、後半はプロデューサーとして、毎年毎年百本を越える地域ドキュメンタリーを見続けてきた。初代委員長は先日亡くなった鶴見和子さんだった。凛とした和服姿が瞼に残る。さまざまなことを教わった。

 途中、一年の空白はあったが、

川越市

で再開して4年目となる。

 今年のグランプリは、NHK報道局制作の「ひとり 団地の一室で」にきまった。大規模団地の孤独死を扱ったドキュメンタリーだ。

かつて高度成長期に「夢の住まい」といわれ、入居希望者が殺到した団地で何かが起きはじめている。建物は老朽化し、住民が年々減少していく大規模団地で相次ぐ「孤独死」である。

スタッフは、

千葉県松戸市

の常盤平団地に住み込み取材、実際に4件の孤独死に遭遇したという。

リストラ、離婚などで社会とのつながりを失った男性たちが孤立していく姿と、住民たちによって立ち上げられた「孤独死予防センター」の活動を追いながら、団地の孤独死に凝縮された日本の現実をみつめたドキュメンタリー(52分)。

 スタッフの努力は伝わるし、よくまとまった作品だが、欲を言えば「ご近所の底力」風のコミュニテイ観をつきやぶるものが欲しかったと個人的には思う。

 私は、優秀賞の「消えた産声」(中京テレビ)の方が上ではないかと思った。

 産科の医者がいなくて近くの病院でお産ができなくなった、というこえが拡がり始めた。地域の産科医療の実態を取材、臨床研修制度、医師の自由市場、医療事故、産科病棟の閉鎖などいくつかの実例の中から、改革と規制緩和の現実が浮かび上がる。それはきわめて深刻な事態であった。この2年ほどで急速に進んだ医療行政の規制解除などを問い、住民たちの不安と医師たちの苦悩を描いたドキュメンタリー(55分)で、今年の民放の報道番組部門の最優秀賞にも決まった作品である。女性ディレクターの「私」がいまひとつ出てくれば、と惜しまれる。

 NHK仙台の「イナサ」も良かった。

 ナレーションでまとめたやや上品な仕上げは気になるが、時間をかけてじっくり腰をすえて取材したことがよくわかる。

仙台市

出身の私としては今回最も好きな作品のひとつだ。

仙台市

の片隅、太平洋と仙台平野に囲まれた「風の通り道」にある半農半漁の集落で暮らす人々の一年を追う。イナサとは暖かい南東の風のこと、恵みと大漁をもたらす恵みの風である。人々は「情けのイナサ」と呼ぶ。初夏のコチ、秋、冬のナライなど、四季折々の風のひとつだ。

四季折々の自然や地域の行事、人々の助け合いの心など、風を待ち、風を読み、自然に寄り添って生きる地域の人々の昔ながらの素朴な暮らしの豊かさを見つめたドキュメンタリー。(110分)

|

« ブダペスト日記(2) | トップページ | 「地方の時代」映像祭(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブダペスト日記(2) | トップページ | 「地方の時代」映像祭(2) »